株主優待と言えば金券や企業にちなんだ物であることがほとんどです。調べてみることであなたが欲しい優待を受けられる企業が見つかるかもしれません。

  • ホーム
  • 投資信託は元本が保証されない投資方法

投資信託は元本が保証されない投資方法

投資信託は、制度上の元本保証はありません。短期的には損失が出ることもあります。
しかし、長期的に保有することで、資産を増やしやすい性質の金融商品です。

投資信託が、元本保証がなくても比較的安心な金融商品と位置付けられるのは、分散投資をしくみとして安定して利益を出すようになっているからです。
投資信託は、多数の投資家から資金を集めて1つの基金(ファンド)とし、この基金を運用の専門家が株式や不動産などに分散投資して、そこで得た利益を投資家に分配するしくみの金融商品です。

投資先を値動きの異なるものに分散させておくと、どれかが損失を出しても別の何かが利益を出すことが期待でき、リスクを分散させることができます。
分散投資では、大きな利益は上げにくいかもしれませんが、大損もしにくいようになっています。

投資の初心者が、株や債券、不動産などの個々の投資先について、それぞれの値動きの違いを把握した上でバランスよく組み合わせることは難しいものです。
投資信託では、これを1つ購入することで分散投資ができるようになっているのです。

また、投資信託の「多くの投資家から資金を集めて行う」という性格から、個々の投資家の出す金額は非常に少なくて済みます。
多額の資金が無くても投資できるので、初心者に向いています。
現在でも100円単位で始めることができるものもあります。
ITと金融システムを組み合わせる「フィンテック」はネット上で少額のお金を扱うことに向いており、今後のフィンテックの進展ではさらに少額での投資が可能となるかもしれません。

分散投資を1つの投資信託で行えるものとして最適なのが、「バランス型」と呼ばれるものです。
これは投資先を株、債券、不動産など異なる資産に分散させてリスクを回避するものです。
「バランス型」以外の投資信託は、株の中で異なる銘柄で分散投資、債券の中で分散投資というように、同じ資産の中で分散投資をします。
初心者は、資産レベルで分散投資を行う「バランス型」からスタートするのが良いでしょう。

投資信託は分散投資を行なってリスク軽減

「バランス型」投資信託は、1つの商品の中で異なる資産に分散投資をするので、そのままでも資産別の分散投資ができます。
ただ、運用する側にそれだけ手間が掛かるので、手数料がやや高めです。

株や債券などで行う投資信託の方が、手数料が安く、得られる利益が大きめです。
「バランス型」以外には「インデックス型」と「アクティブ型」とがあります。
「インデックス型」は日経平均株価などの市場の動向を示す指数に連動した投資を目指し、「アクティブ型」はそれ以上の運用を目指すものです。
「アクティブ型」は手数料が高く、必ずしも運用が良いとは限りません。
「バランス型」に慣れた後の次のステップは「インデックス型」の方が良いでしょう。

株、債券の「インデックス型投資信託」にも個性があります。
株を対象とする投資信託の中でも「国内株」「外国株」で異なる商品となります。
さらに「外国株」の中でも、ハイリスク・ハイリターンの「新興国株式」を対象とするものもあります。
債券でも、リスクが低い「国内債券」を対象とする投資信託もあれば、「先進国債券」「新興国債券」を扱うものもあります。
それぞれの対象の中で、個々の銘柄への分散投資を行います。

「バランス型」では、1つの投資信託で分散投資を行いリスクを軽減していました。
「インデックス型」では、それぞれの投資信託が対象とする資産の値動きや、その投資信託の運用実績を見て、複数の投資信託を選んで分散投資を行います。
投資信託という投資先を分散することで、さらなるリスク軽減につながります。

資産の中でも、債券は安定しているのでローリスクローリターンでリスクヘッジに向いており、株は上下が大きく大きなリターンを得ることに向いています。
国別で言えば、先進国は安定していてリスクヘッジ向け、新興国はリターン向けと言えます。
これらの資産別の値動きについて知り、それらを適切に組み合わせて分散投資をしましょう。

債権を長期に保有していると、それぞれの投資信託の運用実績によって、当初設定していた資産配分の比率が変わってくることもあります。
このような場合は、投資信託の売買で配分比率を適切なものに整えましょう。
これをリバランスと言います。

関連記事