株主優待と言えば金券や企業にちなんだ物であることがほとんどです。調べてみることであなたが欲しい優待を受けられる企業が見つかるかもしれません。

  • ホーム
  • 少額投資で株取引を始めてみましょう

少額投資で株取引を始めてみましょう

グラフ

有効求人倍率や株価が上昇を続けるなど、日本の経済は以前と比べて良くなっています。
しかし会社員の賃金上昇には至っておらず、高齢者の割合の増加から将来の年金にも不安がありますし、一生の生活に不安が無いだけのお金を手に入れることは難しいままです。

副業を模索するのも収入の増加に効果がありますが、ボーナスの残りなど少額から株式投資を始めてみるのはいかがでしょうか?
株式投資の世界ではやはり資金力があるほど有利ではありますが、基本的に運用するお金を少なく設定し、下落時に追加購入する資金力を残しておけば、同じような優位性を確保することができるでしょう。

少額で株式投資を行ううちに、自分なりの儲けのパターンが出来上がってきます。
例えばこの銘柄はここまで下げると反発するなどのことが感覚で分かってきます。
もちろんその感覚が必ず当たるわけではありませんが、しっかりと売り買いの結果を研究しながら投資を続けるとパフォーマンスが向上していきます。
そうなれば運用資金を少しずつ増やしていくうちに収益も大きくなっていくのです。

投資を長期間継続するには、短期間で資金を大きくしようと思わないことです。
急激な上昇で話題になっている株や、ベンチャー企業の株など、投資資金を一気に数倍にしたニュースをよく目にしますが、それはあくまでも投機であり、運の要素の方が大きいことが否定できません。
確実に急上昇することがわかるのならもっと大きい資金が既に入っているはずです。

長期間継続することで運用資金を増やせば、いずれは年に数%程度の比較的堅実な運用で将来の生活資金の一部を賄うことができるでしょう。
また、株価や景気には一定期間でのサイクルがあり、そのサイクルを何度も経験していれば相場の動きに対しても冷静さを失うことはありません。
平均寿命が長くなったことで、老後に必要な資金は多くなり続けています。
若いうちから少額で投資を始めることで余裕を確保しましょう。

リスクを抑えたいなら少額投資がおすすめ

投資を始めることが大事と分かっていても、リスクは抑えて有利に行いたいものです。
少額投資は、資金を投入している会社が倒産することがあってもそれほど大きな損失にはなりません。

上場している銘柄の中には1売買単位当たり数万円で購入できる銘柄があります。
東証一部上場の中でも時価総額の大きい企業もありますし、今後の成長が期待できる新興企業もあり、少額で投資できることを最優先にしても幅広い選択肢の中から銘柄を選ぶことができるでしょう。

それほど多くない資金の中でさらに分散しますので、株を購入する金額は多くありません。
配当が少ないのはもちろん、値上がり益をとることが出来ても一気に多額の利益を出すことはできませんが、値動きについての経験を積むことができます。
少しでもお金が入っていると、熱心に値動きを見るようになるものです。
少し調べれば今日までの値動きは簡単に調べることはできますが、それはあくまでも結果であり、実際に動いている状況を見ることが重要なのです。

少額投資に慣れてきたら、少しずつ資金力を付けていきましょう。
ここで重要なことは、調子が良いからと言って一気に勝負をかけないことです。
多くの場合勝負をしたところが高値の天井になるものです。

少しずつ購入することは、時間の分散を可能にさせます。
これまでの取引から順当にいけば利益が出ることは分かっているのですから、下がるごとに購入するなどして下落リスクを下げるやり方を行うべきです。

生活を変えるほどの利益が出るようになるにはかなりの時間がかかりますが、例えば年5%ほどで運用できれば、資金1000万円まで到達すれば税引き後で40万円の利益になります。
そうなれば将来の生活のリスクも減少するのではないでしょうか?

関連記事
人気記事一覧