株主優待と言えば金券や企業にちなんだ物であることがほとんどです。調べてみることであなたが欲しい優待を受けられる企業が見つかるかもしれません。

仕手株は非常に危険な株です

株式投資は、リスク管理をしっかりすれば安全に資産を増やすことができる反面、リスクを最大限にとれば大きく利益を増やすことができます。
今回紹介するのはそんな大きく利益を増やすことができる反面資産を大きく減らすリスクのある仕手株についての紹介をします。

仕手株とは、ある日突然急激に出来高が増えて、株価が一気に上昇する銘柄のことです。
仕手株では、仕手筋と呼ばれる人が株価を吊り上げます。
仕手筋とは、特定の個人あるいは集団が特に値上がりすることもないような企業の株式を高値に吊り上げる人たちのことを指します。

仕手筋は仕込みとして急激に株価が上がる前にターゲットの企業の株を購入していきます。
そしてある程度株が集まったところで一気に株を購入し株価を吊り上げます。すると、個人の投資家も値上がりにつられて株を購入します。
そして仕手筋は株式がぐんぐん上がっていくなか、急に大量の株式を売却し、売り抜けて莫大な利益を上げます。
すると値上がりの頂上付近で株式を購入した人は大損をします。

仕手株の危険性で一番大きな点は、企業業績からかけ離れた株価で購入してしまうことで、二度と買った時の株価にならない危険性がある点です。
しかし、仕手筋の動きを上手く読むことができれば逆に利益を上げることができますが、右も左も分からない初心者は、買わないことがおすすめです。
仕手筋に狙われた企業の株式は仕手筋によって操作されています。
それも個人では想像もつかないような莫大な金額で株価の操作を行っています。

これは仕手株かなと感じたらすぐに手放すのも戦略の一つです。
反対に安値で購入した株が仕手株であったら急騰時にすぐに売れば大きな利益になります。
企業実態にそぐわない株価の値上がりが確認できた際は、仕手株を疑いましょう。
自分の資産を大きく増やすのもまた投資ですが、仕手株には初心者は手を出さず、慣れてきたら飛び込んでみるなど、うまく付き合っていきましょう。

仕手株かどうかを見分ける方法について

仕手株は急激に株価が上昇しますが、すべてが仕手株とは限りません。
企業が大きな利益を上げられる期待が高まったり、トレンドの事業を行っているなど様々な理由で株価は急騰します。

株価が急騰したからといって仕手株と一概に決めつけるのはよくないですが、仕手株にはある程度の共通する特徴があります。

なんといっても仕手株の特徴は株価が著しく安いという点にあります。
株価が安ければ大量に株式を購入することができますので、仕手筋にとっては格好の的です。
またそういった株の企業は、業績もボロボロで明らかに初心者でも先が明るくない企業だということが分かります。
そういった企業にはたとえ株価が上昇したとしても購入は避けるのがおすすめです。

出来高にも注目することで仕手株を避けることができます。
仕手株になると急激に出来高が増えます。
チャートを確認すると普段は出来高が横ばいなのに、ある日を境に急激に出来高が増えます。

そして何よりもチャートは過去何年も前のものを確認することができます。
過去の出来高の推移をチェックして年に何回か急激に出来高が増えるのであれば仕手株の可能性が高いです。
逆に規則性を見出すことができれば急騰前に購入して大きく利益を上げることなんかも可能です。

何点か、仕手株を見分ける特徴について紹介をしましたが、これらの特徴があるからといってすべての企業が仕手株とは限りません。
赤字続きであっても、血のにじむような企業努力により黒字までもっていき、今後黒字を維持できるような期待があれば当然株価は急騰します。

株は自己責任で投資を行います。
明らかに危険な銘柄は避け、儲けられるチャンスがあるのならば果敢に飛び込んでみたり上手に仕手株と付き合うのもまた投資の一つです。

関連記事